税理士に相談をすれば相続税の悩みは簡単に解決する

バナー

税理士に相談をすれば相続税の悩みは簡単に解決する

遺産相続の件で悩んでいる人は、たくさんいます。


ある人が亡くなった場合には、その相続人は遺産分割協議を行って遺産の分配方法を決定します。


民法には法定相続分が定められているので、この法定相続分によって遺産を相続人間で分ける必要があります。


しかし亡くなった方の遺産が全て金銭であれば法定相続分の通りに分けることができますが、遺産は金銭だけに限りません。
亡くなった方が住んでいた一戸建ての家や所有していた駐車場、有価証券など一切のものが遺産となります。

その全てを売却して金銭に換えて法定相続分の通りに分けることもできますが、一戸建ての家が古い場合にはそれを解体するための費用が掛かりますし、土地の価格も買った時よりも大幅に下落している場合もあります。その場合には、売却するよりも相続人に分配する方が良い場合もあります。

そのため分配方法が複雑となって、話しが拗れてしまう場合もあります。

その場合には家庭裁判所に訴えることもでき、最終的には家庭裁判所が分配方法を決めることになります。

このように遺産相続に関する悩みは尽きません。

この遺産相続についての悩みは、それだけではありません。


一定の額を相続した場合には、相続税を支払う必要があるのです。
この相続税についても相続人の悩みの種となります。
しかしこういったことは、専門の方に相談に乗ってもらえば比較的楽に解決することが出来ます。


相続税について詳しい専門家と言えば、税理士です。

ですから税理士に相談をすれば、相続税についての悩みは楽に解決することができるのです。
ある人が死亡した後、その人の残した財産は遺産として、法律によって定められた法定相続人が相続によって継承していくことになります。ただし、相続によって継承する財産のすべてが相続人のものとなるわけではなく、一定の金額を超えた場合には所定の税率がかけられることになり、相続税が課税されることになります。

しかし、相続人が死亡した人の配偶者であった場合には絶対に相続税が課税されないとは断言することはできませんが、ほとんどのケースでは相続税が無税となります。

相続税の配偶者控除という制度があるからです。
ある人が死亡した際に残された財産というものは、その人が独りで築き上げてきたものではなく、配偶者の助けがあったことによって築き上げることができたものとみなすことができます。
また、夫婦の一方が死亡してしまったときには残された配偶者の老後の生活という問題があり、相続した遺産というものはこの老後の生活を支えていくために必要不可欠なものとなります。
そのため、配偶者に関しては原則として相続税が課税されることのないようにあらかじめ配偶者控除という制度が設けられているのです。
この配偶者控除では、配偶者が相続する遺産が1億6000万円未満であれば課税対象外となり、税金を納める必要はありません。

なお、この制度はたとえ一日という短期間であったとしても正式に婚姻届を出し、法律上の婚姻関係であった事実があれば適用されることになります。相続税対策として効果的な手段として、被相続人である人がまだ健在のうちに相続人たちに対して贈与税が課税されない範囲内の金額を譲り渡していく贈与という方法があります。この贈与という方法を用いることで、相続人に対して年間で110万円以下の金額であれば贈与税が課税されることなく、無税で財産の所有権を移していくことができます。
その結果として被相続人が死亡した時点での相続財産の金額は大幅に減少することになり、それに伴って相続税が課税されてしまうという可能性を下げることが可能になるのです。
しかし、被相続人が生前に相続人に対して現金を贈与する際には注意しておかなくてはならないことがあります。


それは、贈与という事実が本当に行われたという確かな証拠を残しておくことです。



もしも、贈与が行われたという証拠が残っていなかった場合、実際には贈与が行われたにもかかわらず贈与が行われていないという疑いを税務署に持たれてしまう恐れがあります。

そのような疑いをもたれてしまった場合、せっかく贈与というかたちで相続税対策を行ったにもかかわらず、その事実を認められずに相続税が課税されてしまう危険性があります。

そのため、相続税対策として被相続人が生前に自分の財産を相続人たちに贈与する場合には、その証拠となる被相続人と相続人の双方の署名や捺印がされた贈与契約書のようなものを証拠として作成しておくことが大事です。

また、被相続人が相続人の預金口座に現金を振り込むことも、贈与が行われたという証拠として残しておくことも大事です。

相続が発生した時点で、被相続人の遺したあらゆる財産はすべて相続人たちによって受け継がれていくことになります。


もしも、被相続人に対して相続人の人数が少ないような場合には、相続において財産を分配することも難しくはないことから遺産争いが発生してしまう可能性は低いと考えられます。

しかし、相続人の数が多数であったり、遺された財産が土地や建物などの分配しにくいものであった場合には思わぬ遺産争いが引き起こされてしまう恐れがあります。

そのため、実際に相続が行われるときのことを考慮して、あらかじめ現金を多めに用意しておくことが大事です。


原則として相続税の納税は現金で行われるため、遺産としてある程度の現金が遺されていると税金の支払いに困ることがなくなるからです。

また、遺産として土地や建物の割合が多かった場合には、それらを相続人の間で分配することが難しく、せっかく遺してくれた土地や建物などを売りに出さなくてはならないというケースも多々あるからです。


そのような場合でもある程度の現金が遺産として遺されていると、相続人たちの間で遺産の分配がしやすくなります。

また、相続税対策として効果的なのが、被相続人がまだ健在のうちから贈与税の基礎控除の範囲内で少しずつ財産を贈与していくことです。

毎年、110万円以下の金額であれば贈与税の対象とはならないので、その金額の範囲内で贈与を繰り返していけば相続税の対象となる相続財産を合法的に減らすことが可能なのです。



相続税の計算にあたっては、法律やこれにもとづく政省令、通達などによって、さまざまな決まりごとが設けられていますが、被相続人が死亡したときにあった債務で確実なものと、被相続人の葬式費用については、遺産総額のなかから差し引くことができるものとされています。こうした債務の例としては、被相続人が死亡の際に入院していたため、病院に対して未払いとなってしまった治療費や入院費などの費用、納期が分かれていたために未払いとなってしまっている固定資産税や住民税などの税金といったものが、主なものとして想定されています。

また、被相続人の葬儀費用に関しては、本葬のほかに、通夜を営むために必要となった経費、寺院への読経の返礼、遺体や遺骨を霊柩車で運搬した費用などといったものが含まれます。

このような債務や葬式費用を、相続税の計算にあたって遺産の総額から差し引くことができる人としては、実際にその債務などを負担することになる相続人や包括受遺者ということになっていますが、相続や遺贈によって財産を取得したときに海外に居住しており、一定の条件を満たさない人については、その範囲が限定されています。

役立つ遺産相続情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

この場合の一定の条件というのは、相続や遺贈で財産を取得したときに日本国籍を有しており、被相続人もしくは財産を取得した人が、被相続人の死亡前5年以内に国内に住所がもっていたことがあるか、または、相続や遺贈のときに日本国籍を有していなかったが、被相続人は国内に居住していたという2つのどちらかということになります。


なお、被相続人が生前に購入した墓地の未払い代金などのように、そもそも相続税の非課税財産となっている債務は、遺産総額から差し引くことはできません。相続が発生すると必ず考えなければいけないのが相続税です。

相続が有ったら相続財産の分割が終わり次第相続税を税務署に納めなければならず、納めなければ税務署の調査が入って、追徴課税をされてしまいます。
それで税金を払う為にどの財産がいくら税金を払わなければならないかと計算をしなければならないです。

さらにみなし相続財産として相続財産と言えそうにない物まで課税対象になっています。

だから相続税を払う時は税理士に依頼をして、どこまで課税対象かを調べてもらって、税金を払った方がいいです。

しかし相続税の対象にならない財産は税理士の人に聞かなくてもわかります。それでどれが対象にならない財産かと言えば、生前に贈与された物です。

これは当たり前ですが贈与と認められなかったら課税対象ですから、贈与税を取られていたら確実に大丈夫です。

次に墓地や墓石などは財産ですけど非課税になります。
だから生前に高価な墓石を買って死んだ後売却すれば課税を逃れられそうですが、墓石を高く買い取ってくれるようなところは無いですから、逆に税金を払った方が得になります。

仏壇仏具も非課税ですが、骨董価値が有ると課税されます。

後は死亡退職金とか生命保険とかは控除の分が非課税です。

だから課税されない物は財産と言えない物だと思っていてもいいです。
相続財産ですが課税するほどの価値が無いということで課税されないからです。

遺産を相続した場合には相続税を支払わなければいけません。

ただし全てのケースにおいて納税負担が発生する訳ではなく、各種控除を適用した後に納税額が残るか否かによります。

ですので活用出来る控除は出来る限り活用するようにしたいです。

まず全ての相続において適用される控除が基礎控除です。
600万円に法定相続人の数を掛けた金額に3000万円を足した金額が基礎控除額となります。


昨年までよりもかなり基礎控除額は引き下げられましたけれども、この基礎控除で多くの相続に対しては納税負担が避けられます。


配偶者に関しては1億6000万円もしくは配偶者の法定相続分相当額のどちらか多い金額までの遺産相続には、相続税がかかりません。

この税額軽減の適用を受けるためには、申告期限内に遺産分割協議を成立させて申告及び納税をしなければいけません。

申告期限は、被保険者が亡くなったことを知った日の翌日から10ヶ月以内です。


ただしこの申告期限内に申告が出来なかったとしても、分割見込み書を提出すれば3年以内に遺産分割を終えて申告すれば、税額の軽減を受けることが出来ます。

被相続人が亡くなる3年前までに贈与を受けた財産に関しては、相続税の課税対象額に含めます。

したがって贈与の際に支払った贈与税は相続税から控除されます。
その他にも相続人が未成年の場合や85歳未満の障害者の場合には、一定の金額を差し引くことが可能です。

このように相続税の課税にはいくつかの控除が設けられていますので、漏れなく利用することが大切です。相続税の問題で頭を悩ませている人もたくさんいると思います。


最近の法改正によって、この税金を払う義務のある人が増えました。

そのことにより、相続税について全く意識してなかった人も払う必要に迫られたため様々な問題が生じています。
もし途中で計算を間違えてしまったら大変なことになってしまいます。
また期日までに支払わなければ延滞金を払わされる場合もあるのですが、その期日を知らずに後から延滞金を支払う必要に迫られている人もいます。

こういったミスをしないためにも、税理士に相談をした方が良いです。

ある人が亡くなった場合には、遺言がある場合を除いて相続人は遺産分割協議をすることになります。

その協議によって、亡くなった方の遺産の分配方法を決めることになります。

この遺産分割協議で全員が納得すれば、法定相続分の通りに相続人に遺産を分配する必要はありません。

勿論ある人には多く遺産を分配することも可能です。
しかしその相続した額がある一定の額を超える場合には、相続税を支払わなければなりません。
この算定方法に苦労する人が、たくさんいるのです。

多くの人が相続税の算定方法の仕方をよく理解していません。

年中相続について考えているわけではないので、それは当然のことです。


しかしその額を間違えてしまったら、言い訳は全く通用しません。分からなかったでは済まされないのです。


ですからその算定方法について分からないのならば、専門の人に相談に乗ってもらうしかありません。
その専門の人が税理士なのです。

Copyright (C) 2016 税理士に相談をすれば相続税の悩みは簡単に解決する All Rights Reserved.